治る病気であるうつ病の原因とその治療方法について

うつ病カウンセリングPage

うつ病になりやすい人

カウンセリング

うつ病の傾向

多くの人がストレスを感じて生きているものです。しかし、全くのストレスフリー社会の実現は難しいものです。ストレスが原因で起きる事が多いと言われるうつ病には、実はうつ病になりやすいタイプの人が存在します。真面目で人当たりが良い、周りの評判も高く、うつ病になった本人もなぜ、と思うような人が多いと言われています。自分自身でも、知らない内に頑張り過ぎたり、ストレスを貯めたりしている人が実は多いのです。全てを完璧にする事を求めるのではなく、時には周りと協力して、人の手を借りる事を抵抗なく受け入れる事が必要だと言われています。うつ病にかかりやすい人にとって、自分の性格を変えるのは大変な事です。自分自身も周りにとっても、良い存在であった自分を何故変える必要あるのか、とすら思う人もいるでしょう。しかし、原因となる可能性がある事を変えていくのは必要な事です。自分を見つめなおす事で、うつ病の原因を少しでも軽くする事が出来るのです。

循環器質型

明るくて元気な躁状態と塞ぎがちな抑うつ状態を繰り返すタイプもうつ病になりやすいと言われています。親しみやすく、良い人だというイメージがある一方で、感情の起伏が激しいとい部分も存在します。

執着気質

義務感が強く、仕事熱心な人や几帳面な人は日常生活や仕事や学校という面でも、周りからの評判が良いものですが、実はストレスを貯めこむ傾向がある人もいます。物事を白黒はっきりさせたがる傾向がある事や、凝り性な人もうつ病の原因を生みやすいタイプだと言えます。

メランコリー親和型

周りとの円満な関係を意識するあまりに、自分への他人の目が気になってしまうタイプに多いと言われます。一旦問題が起きると、責任を自分自身で背負い込んでしまう場合や、必要以上に悲観的になるタイプがいます。このような性格もうつ病の原因になりえると言われています。

うつ病の原因について

うつ病を引き起こす原因と一口にいってもその具体的な内容は個々によってことなってきます。ただ、一般的に、その多くは仕事場や家庭内、近所等での人間関係が原因だとも言われています。人間関係でのトラブルやちょっとしたいざこざは誰しも経験していくものではありますが、それが行き過ぎたものであったり、あまりに当人へのプレッシャーとなっている場合では精神的なダメージを受ける確率も高くなるのです。 うつ病はそういった精神的なダメージが溜まりに溜まって、それが原因で発症していくパターンが多いので、できることならどこかでガス抜きを行ってその精神バランスを調整する必要があるのです。 うつ病の症状がひどい場合であれば仕事を休んだり、職場を変えてみるというのもいいかもしれませんよ。

↑ PAGE TOP